家族4人☆まったりした日々の出来事を綴っています♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長したなぁ
2012年12月07日 (金) | 編集 |
長女の参観日があった。

五時間目の授業の参観でもあり、その後は保護者懇談会もあった。

この日は私は午前中、役員会もあり次女も一緒だったので少々気疲れし、
次女も飽きるとうるさくなるので授業の後半から見に行った。

授業は道徳でお友達とグループでお互いの良いところを見つける…といった内容。
お友達と話し合いしながら、時に男の子にはキツイ表情の娘。
小学生にもなると女子は男子に対して厳しくなるから(笑)娘達もそんな感じなのかも(>_<)ゞ

ちょうど日直だった長女は司会進行もしていて、堂々とした態度に感心した。
私なんて役員会で反省を述べるだけでもドキドキしたというのに(^_^;)

成長したなぁと思った。

成長したなぁと思ったことで、もう一つ思い出したことが。
今年の夏、お祭りの縁日へ行ったときのこと。
この日は夫も早く帰宅したので一緒に出かけた。

水ヨーヨーすくいをやるときに、長女は青い色が良いなぁとつぶやきながらしゃがむと
お店のおばちゃんが、長女の目の前に綺麗な青い色のヨーヨーを入れてくれた。
長女が喜んですくおうと悪戦苦闘しているところに、
横にいた、たぶん長女よりも一つ二つ小さい女の子が長女の腕の下に自分の腕をねじ込んで、
その青いヨーヨーをすくおうとし始めた。
戸惑って動けなくなる長女。
その子の親は友達の親と話して気が付かず、
私はその女の子に『ごめんね、この子がすくってるところだからね』と思わず言ってしまった(あ~大人気ない)

それでも、その子は手をやめず、その綺麗な青いヨーヨーをすくい上げてしまった。
ようやく気が付いたその子の親が『おねえちゃんに渡しなさい』というと、その子は娘にヨーヨーを差し出したが
娘は『持って行っていいよ』と優しく言った。
様子を見ていたお店のおばちゃんは娘に『もう一個あるか見てくるから待ってて』と言ってお店の奥に行き、
『ゴメンね、青は今のが最後でコレしかなかったわ』と綺麗な紫のヨーヨーを持ってきてくれた。
おばちゃん、ありがとう。娘はその紫をすくった。

たかがヨーヨーひとつの話。
でも夫も私もなんとなく気分が悪かった(あ~大人気ない)。
夫も私もすぐに顔に出るし、夫は遠慮なく態度に出すからその親を睨んでしまったと言う(あ~大人気ない)
帰宅してお風呂の時に『今日はヨーヨーを我慢して偉かったね』と言うと長女は

『あの子も偉かったよ、私にヨーヨーを渡そうとしてくれたもん』

と言った。
あ~なんて事だ!娘の方が私より何倍も大人だった。
その夜、夫と猛反省したのを覚えてる。
長女7歳。夫と私も親年齢7歳。
時に娘達に教えられることもありながら、お互い成長していくんだなぁと思った。

そんなことを思い出しつつ、翌朝、朝食の時に授業参観の話になり
長女は日直だったんだ~と夫に伝え、私も堂々としてたわ~なんて言うと夫は

『おおぅっ、すごいやん!笑いとれたか???』

と、娘に聞いていた( ̄○ ̄)

笑いって(^^)\(゚゚)バシッ
大人になるってムヅカシーねぇ(^0^;)
スポンサーサイト
ダウン・・・
2011年11月24日 (木) | 編集 |
おとといの22日の晩、気管支炎になってダウンしたママ。

すごく心配してくれた長女。

昨日の23日は祝日だったけどパパが出勤だと分かっていた長女は22日の晩に
パパ宛にお手紙を書いていたようだ。

111123_140237.jpg

ママはダウンしてるしパパは仕事に行ってしまったらどうしようと、ものすごく不安だったんだね。

昨日は起きられるくらい回復してたし、パパも予定通り出勤。
でもせっかくのお休みの日どでこにも出かけられず、ごめんね。

今日はもう元気いっぱい!!

心配してくれてありがとうね、あじゅ。

ちなみにウチの次女、
ダウンして横になってたママの背中にドーンの座り、動けと要求。。。

さすが、暴れん坊あきゃと家族から呼ばれてるだけあるわ。。。
*新しょうが*
2011年06月15日 (水) | 編集 |

写真のときはカメラ目線になってくれる次女

新しょうがが出回るこの時期に甘酢漬けを作りはじめて早3年目。

今年も漬けた。

まだ去年の甘酢漬けが消費しきれてないが
頭痛のときに無性に食べたくなるので…。

今年は少々切り方が雑だが、食べるのは私だから良しとしましょ。
驚いたこと
2011年04月11日 (月) | 編集 |
震災から一ヶ月が経つと言うのに、今日も大きな余震が何度もあった。

携帯やテレビで緊急地震速報の警戒音が出ると
長女はもちろんだが、まだ地震と言うもの分かっていない次女までも
驚いて力いっぱいしがみついて来るようになった。

今日も緊急地震速報の音が鳴ると、別室にいた私に向かって長女が
『ママーーーっ、地震来るよーーーーー』と叫んだ。

あわててリビングに行くと
長女が次女の身を守ろうと覆いかぶさっていた。

幸い、そのときは小さな揺れだったが、自分だって身を守らなければいけない長女が
幼い次女に覆いかぶさってる姿を見たときは驚いたと同時に涙が出た。

『ありがとう!!でも地震のときは、あじゅも自分のこと守らなきゃね』と言うと
『あきゃはまだ小さいから、お姉ちゃんが守らなきゃ!!』と言った。

こんなにも頼もしく成長していたなんて驚いた。

嬉しかった。

そして早く地震が落ち着いてくれることを願う。


やっと…
2010年11月18日 (木) | 編集 |
昨日行った病院で、軽い中耳炎があると言われた次女。

今飲んでる薬で治るだろうけど、一応耳鼻科を受診するように言われたので近所の耳鼻科へ。

診てもらうと、中耳炎は大丈夫とのこと。
もらってある薬を飲み切るように指示された。

驚いたのがここの耳鼻科。
娘が一歳を超えてるんだからと、診察室で一人で椅子に座らせ
看護師三人がかりで押さえ付けての診察。
当然ながら大泣きの次女。
ただてさえ、怖い思いをして精神的に参ってるのに…
母も頭に来たようで、診察が終わると即座に孫娘を抱っこして診察室から出た。

中耳炎がたいしたことなくてホッとしたけど、
これでまた次女は大きなダメージを受けた。

---------------------------------------

大きなダメージを受けたとは言え、日に日に元気になってきた次女。
やっぱり安心できる家でゆっくり過ごすのが一番の薬?

まだお風呂はママと一緒じゃないと泣いてしまうけど
ご飯はばぁばにもらうのが良いみたい。
IMG_3569.jpg

ご飯だよーと言うと、ばぁばの元へ。

中耳炎も大丈夫と言われ、やっと安心できる日が来た。

ばぁばも安心した!と言って今日、帰宅。
急だったけど、来てくれたおかげで家の事も安心して任せられたし、夫も仕事へ行くこともできた。
長女の相手してくれたり病院に付き添ってくれたり
ホントに助かった。

もともと来月に来る予定だったから今度はじぃじと来るのを待ってるよ、。

ばぁば、アリガト~byあきゃ
IMG_3573.jpg

それにしても子供が元気なことがどんなにありがたいことなのか身に沁みた。
娘だけでなく私も精神的に参った5日間だった。
正直に言うと、今は思考能力が落ちて頭の中がぼんやりしてる。

でも元気になった次女のために、寂しい思いをさせた(ほんの一時期だけど)長女のためにも
また頑張らなきゃ!!!
通院
2010年11月17日 (水) | 編集 |
退院後の経過を診るために、病院へ

母も一緒に来てくれた

先生の前でやっぱり大泣きの次女だったけど
扁桃腺の腫れもないので、あとは通院しなくて良いとのこと。

良かった。。。
退院
2010年11月15日 (月) | 編集 |
木曜日から急性扁桃腺炎で入院していた次女。
深夜40度の高熱が出て、木曜の朝、いつもの小児科へ行ったが
血液検査の結果、数値が風邪の範囲を超え、年齢が小さいので大きな病院へ行くように言われ
総合病院へ行くと再検査の結果、即、入院。

最初に行った、いつもの小児科の先生から、
もし入院になっても大きな病気ってわけじゃないから心配いらないよ!
と言ってもらえたし、
総合病院でも体全体の状態はたいしたことないが
検査結果の数値的な部分では入院が必要と言うこと。
体は2,3日で回復するから。。。と言われたけど。。。

なんでこんなことになったんだ、何がいけなかった?

娘は何でも口に入れるし何でも舐める。

ディズニーランドでウイルスに感染したのか?
行き帰りの電車で感染したか?

そういえば月曜、公園に遊びに行ったとき、
水辺に張られた手すりを一瞬舐めてたから、あの時か?

色んな事を考えて色んな事を後悔した。

5日間、ママも24時間付きっきりだった。

その間、夫が仕事を休み、病院を行き来しながら長女の面倒を見てくれた。
小児病棟なので小学生以下の子供は出入り禁止。
ママに会えないと分かると大泣きの長女。

土曜日から急きょ、実家の母にも来てもらい、
夫と付き添いを交代して長女に少しの時間会うことができた。

最初はママに会えず寂しがっていた長女だが、
ばぁばが来るまでは、パパと二人で美味しいものを食べに行ったり、
ばぁばが来てからは一緒にお出かけして好きなものを買ってもらったり
結構、それなりに楽しくって言ったら変だけど寂しがらずに過ごしてくれたようだ。

今日、無事に退院した次女。
幼稚園から帰るとママと妹が帰ってきてめちゃくちゃ喜んでくれた。

次女は病院で検査の度にママから引き離されて怖い思いをしたので、
病院でも先生や看護師さんが部屋に来る度に半狂乱。

先生も白衣を脱いで部屋に入ったりしてくれたけど
全く泣き止まず、よほど怖い思いをしたんだなと思い泣けてきた。

こんな感じで、病院では他の人が廊下を歩く音や、
隣の部屋の扉が開く音にまでビクビクしながら寝ていた次女。
家に帰るとホッとしたのか熟睡。

夜は母がお寿司を用意してくれて、
長女も部屋に折り紙で飾り付けをしてお祝いしてくれた。

退院できてホントに良かった。
まだ精神的には弱ってるのでママべったりの次女だけど

今は元気になって本当に嬉しい。
優しさに触れて
2010年10月26日 (火) | 編集 |
今日の午後はショッキングなことがあった。

昨日休んだ長女。今日は昨日より良さそうだったので幼稚園へ。

しかし帰りのバスから降りてくると『寒い。寒い。』と言い出し
道路に突然の嘔吐。

『ごめんなさ~い』と言いながら泣き出してしまった長女。
大丈夫よ!と言いながらも半分パニックのママ。

バスに乗っていた先生やお友達のママさん達も『あじゅちゃん、大丈夫よ』と優しく言ってくれた。
運転手さんがティッシュやビニール袋を持ってきてくれて
お友達のママさんがバケツに水を汲んで雑巾と一緒に持ってきてくれて
何とか吐いたものを綺麗にすることができた。

片付けてる間に、マンションのエントランスに入っていた長女。
みんな『あじゅちゃんの所にいってあげて、ここは私達が片付けるから!』と言ってくれたが
さすがに我が子が汚したところを片付けずに離れることができなかった。

でも、その優しさが本当に嬉しかった。

家に帰るとどうも、ウンチも漏らしてしまったらしく
恥ずかしくて先生に言えずそのままにして帰ってきた。
胃腸炎かな。

夕方、娘の担任の先生から電話があり話を聞くと(だいたいは娘からも聞いていたが)
お昼の時間にお弁当が食べられず泣いてしまったとのこと。

『ママ、ママ』と言いながら泣き、『苦しい苦しい』と言っていたと。

先生は昨日お休みしたし、ママが恋しくなったと勘違いしたらしい。
家で娘に聞いたらお腹(胃)が気持ち悪かったと言っていたことや
バスを降りてからの事、ウンチの事を話すと
あじゅちゃんの事を汲み取ってあげられなくて申し訳ありませんでしたと話す先生

きっと娘は具合が悪くて不安でママを思ったんだろうな。

その事を思うと、胸が締め付けられるようにツライ。

しんどかっただろう。

聞いてからショックで凹んだけど、
その中でもお友達のママ達の温かさが気持ちを救ってくれてる気がした。

私も逆の立場に立った時は救ってあげなくちゃ。




雨の日
2010年10月09日 (土) | 編集 |
今日は雨だけど電車で一駅の所までお出かけ

次女は一応、抱っこ紐は持ったけどベビーカーにカバーをかけて。
帰り道、夫が
『雨の日に子供二人連れてのお出かけってこんなに大変なんだな。
今まで幼稚園の送り迎え大変だったなぁ。』
と言った。

その言葉を聞いて、一つ苦労が分かってもらえて嬉しかった。

雨の日の幼稚園の送り迎えは
私自身が大変というより
子供達がぬれてかわいそうな思いを何度もさせてしまったし

一度は朝、集中豪雨にあい、全身ずぶ濡れで登園したこともあった。

9月からバス通園にした長女。
うちには車がないし、雨の日暑い日寒い日を考えると
バスが良いかもと思いつつ
それ以外の日に娘とおしゃべりしながら通うのも楽しいし
散々迷ったけど
今はバス通園に切り替えて良かったと思う。

もっと苦労しながら徒歩で通園してる人もいるだろうし
ただの甘えと言えばそうなんだけど
夫の言葉を聞いて改めて、これで良かったんだって思った。
お間抜けなママ
2010年09月27日 (月) | 編集 |
長女の通う幼稚園は、スポーツに力を入れている。
毎週一回、体操教室があるし、娘はやってないけど課外でサッカー教室もある。

もちろんスポーツだけではなく、子供達は挨拶もしっかりしてるし
先生方もただ『叱る』ことはなく、子供がいけないことをすると子供の目線に座って
優しい口調で『話し合い』をするようにしているようで
本当に良い幼稚園が近くにあって良かったと思っている。
今の幼稚園はどこも同じかしら(・・?)

話が反れたが、今日から幼稚園で水泳教室が始まる長女。
前からこのことを気にしていて、少し嫌そうだった。
娘は水に顔をつけられないのが不安だったようだ。

帰ってくると『プール楽しかった~』と笑顔で幼稚園バスを降りてきた。
それを聞いて私も嬉しくなった。

そしてバス乗り場から家までの間に長女が
『あ~~~~~っっっ、カバン忘れた~!!!』

と言う。いつも持ち歩くリュックは背負っているのに何を言ってるんだと思い
私が『カバンって何よ???』と聞くと

『プールカバンよ!!!』











( ̄▽ ̄;)!!







プールカバンをバスに忘れた。
私も『何よ』って、なぜ気がつかない。。。

あれだけ、今日一日娘のプールのことを考えていて
バスを降りた娘も真っ先にプールの話をしたのに、
なぜプールカバンがないことに気づかなかった私よ・・・

バスの先生が挨拶している間に、気がつこうよ私・・・

お間抜けすぎる。。。(><)




急いで幼稚園に電話すると、先生が
『雨だし、小さなお子様(次女のこと)をつれて
わざわざ取りに来るのは大変でしょうから、よろしければ明日お渡ししますよ』
と、言ってくれた。

先生が『洗っておきます』ともおっしゃってくれたのだが
忙しい先生にお願いできる訳もなく、そのまま明日まで置いてもらうことに。

明日受け取ればいい話なので、たいした事ではないんだけど
な~んか最近、いや、前から?間が抜けてるんだよな~(><)

娘のプールだが、先生の話ではどうも娘はプール前の準備体操で
泣きべそをかいていたらしい。
先生が『大丈夫、怖くないよ』と娘に話をしてくれて一緒に入ってくれたようで
その後はニコニコ笑顔で楽しそうに入っていたようで
先生も安心したとお話してくれた。

前もって、娘が怖がっていることを私からも話しておいたので
先生も、より注意して娘を見ていてくれたようだ。

何はともあれ、また来週のプールが楽しみだと言いながら寝た娘。

次回は。。。ではなく今からママも気を引き締めないと!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。